脳梗塞の原因を知って早期の対策~ハラハラ病気は早期発見が重要~

老人

一つの症状にとらわれない

生活の中に強い希望を持つ

女性

脳の病気の中では比較的若い年齢の患者さんが多い疾患です。脳腫瘍を治療するには長期の入院と治療が必要になるのです。それだけ多くの事が出来ない時間があるのです。行動に制限があるのです。しかも治療を乗り越える時に必要になるのは強い信念を持つ事になるのです。脳腫瘍では多くの症状があるのです。目に映る物がダブってしまう事はよくある症状です。目の機能の異変から失明する事が気になってしまうものです。しかしその症状は脳腫瘍を治療すれば回復するものです。一つの症状に気を取られてしまいやすいと回復するという希望を強く持つ力が他に分散されてしまいやすくなるのです。脳腫瘍を完治させるという強い希望は強い薬の効果を更に強くさせるものです。強く思う気持ちが回復のカギになるのです。

化学療法に勝つ笑顔

笑顔の力は大きなものです。脳腫瘍では化学療法が行われるものです。強い気持ちがあると笑顔になれるのです。どうして笑顔を維持させておくほうが良いのかというと無理して笑顔を作っていくうちに、身についていくのがこの時の笑顔の力だからです。辛いときこそ笑顔でいたいと思う気持ちがどんな症状にも打ち勝つ力をチャージしていくものです。そのために脳腫瘍でも笑顔でいられる人は回復する事が早くなっていくのです。楽しいから出るものとは違うのですが、脳の中では笑顔になる時の指令が良い方に向く事が多くあるからです。多くの人が大変な思いをしていても笑顔でいられるのは脳から送られた指令が自然と笑顔にさせていくのです。すると、自然治癒力が増していきます。これも、この動作から起きるものです。回復を促す機能を作り出していくのがこの笑顔の役割なのです。