脳梗塞の原因を知って早期の対策~ハラハラ病気は早期発見が重要~

老人

脳内での病巣への新対処

新治療法への注目

脳

医学が発達した現代においても、脳内部が関わる異常への対応には難しい点が多くあると言われています。脳の内部に腫瘍ができる脳腫瘍もまた、そうした対応が難しいとされる病気の1つとされています。従来の治療法としては、頭を切開した後に病巣を切除するという開頭外科的切除が基本とされています。病巣の大部分を取り除いた後、他の部分に腫瘍が広がらない様にする化学および免疫療法が取られてきたとされます。基本となる開頭手術は慎重さが求められる作業であり、脳腫瘍細胞と安全な細胞との見分けが付きづらく、完全な切除が難しいとされていました。そのため現在までにより成功率を上げるための対策がなされてきたと言われています。そして近年では術中にCTやMRIを活用した方法などの他に、レーザー光線を使った治療が行われる様になっているとされます。

新しい方法での利点

近年活用されているレーザー光線型の手術は、通常の開頭手術では取り除き切れなかった部分的な脳腫瘍に対して特殊な処理を行い、患部へのレーザー照射をすると消滅させる様にする、といった方法だとされています。具体的にはまず、脳腫瘍細胞とだけ反応する薬剤を患者へ投与する事から始まります。その後、患部付近へのレーザー照射を行うと、薬剤と反応した腫瘍細胞だけが化学反応を起こし、細胞が消滅する、といった仕組みだとされます。この時に照射するレーザー光線は威力を抑えてあり、薬剤と反応していない通常の細胞には被害を及ぼさないとされています。この方法によって細かく残った脳腫瘍細胞を的確に消滅させ、かつ他の細胞群への被害を抑える事が可能な利点が挙げられており、活用の拡大が期待されています。